四季を通じて魅力あふれる自然豊かなまち本別町

 肥沃な土壌と「十勝晴れ」と呼ばれる長い日照時間を利用して豆をはじめとしたたくさんの農産物を生産しています。特に豆は日本有数の豆の産地として有名です。その豆を利用した納豆や黒豆うどんは絶品です。
 本別町はかつてバット材の産地で現在もバット原木加工工場(1次加工があります)寒冷かつ雪の少ない気候で育まれた本別産のアオダモの樹は反発力、軽さが他のバットとは一味違う「モノ」になっていて、野球好きにはたまらないバットに仕上がっています。
 多種多様なイベントが開催されているのも本別町の特徴です。春はつつじ祭り夏はきらめきタウンフェスティバルなど四季折々のイベントが開催され、毎年全国各地から観光客が訪れています。

ふるさと納税活用事業の説明

本別町は皆さまから寄せられたご厚意を様々な取り組みへ活かしております。

福祉でまちづくり
推進事業

子どもたちをはじめ、町民みんなが安心して暮らせるまちづくりのために寄附金を役立てます。

消費者と生産者を結ぶ
元気な農業推進事業

寄附金を基幹産業の農業から派生する農産物の付加価値を高めるために活用。

自然との共存
環境保全推進事業

環境保全のための様々の事業を推進するために寄附金を活用しています。

本のまち
夢プラン事業

本とふれあうことで形成される創造性豊かな人づくりのための環境整備に寄附金を充てています。

資料館特別展示
開催事業

戦争史に刻まれるほどの空襲被害を受けた本別町。歴史や平和の尊さを後世に伝えるために活用します。

ふるさと納税の実績報告

 お寄せいただいた寄付金額や、各事業での運用状況などを毎年9月末現在と3月末現在でお知らせしています。 平成29年度中に寄付を頂いた口数は15,122口、総額75,612,000円となっております。あらためて寄付を頂きました個人・団体の皆さまに対し心よりお礼を申し上げます。 本年度も、寄付金を活用した事業を行わせていただきました。今後も、より良いまちづくりのために有効に活用させていただきたいと考えておりますので、本町の「個性あるふるさとづくり」に多大なるご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成29年度の運用実績

寄付項目(分野) 使用目的と使用金額

福祉でまちづくり推進事業

町長が必要と認める事業

保育料独自軽減事業:25,000,000円

発達支援センター施設改修事業:5,000,000円

本のまち・夢プラン事業 本のまち夢づくり講演会:350,000円

合計:30,350,000円

魅力あるまちづくりを応援してください

 本別町個性あるふるさとづくり寄付は、個性や魅力にあふれる「ふるさとづくり」のため、町出身の方々をはじめ、全国の方々から「本別町を応援したい」というかけがえのない想いをかたちにするために、みなさまのご寄付により基金を造成することで、いくつかの個性ある事業を進めさせていただいております。
 この趣旨にご理解いただき、絶大なるご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本別町長 髙橋 正夫

寄附の申込・お問い合わせ

寄附方法や寄附に関する質問など、お気軽にお電話またはメールでお問い合わせください。

住所北海道中川郡本別町北2丁目4-1
電話番号0156-22-2141
メールzaimu@town.honbetsu.hokkaido.jp
TOPへ