大樹町の特徴

目指すは宇宙への出発駅!30年も前から宇宙のまちづくりを進めています!

 帯広市より車で約1時間。酪農を中心に農業や漁業、林業を基幹産業として発展してきた大樹町。
 約30年前から「宇宙のまちづくり」を掲げ、航空宇宙産業の推進に取り組んできました。
 町内の多目的航空公園ではJAXAや民間のロケット開発など様々な実験が行われており、「宇宙航空センターSORA」では航空宇宙関連の実験内容やロケットの実機が展示されています。
 まちの中央部を流れる歴舟川は過去9度日本一に輝き、カヌー愛好者(カヌーイスト)の聖地ともいわれています。食育や自然体験など、子どもたちの教育に関する活動も盛んです。
 大樹町は消滅可能性都市として名前が挙がるまち。1年間で子どもはたったの40人しか生まれません。しかしだからこそ、みんなで子どもの誕生を喜び、「子どもたちはまちの宝」として地域がまるで家族のように子どもたちの成長を見守っています。
 大樹町の子育て環境はあたたかく、学びに溢れ、とてもユニーク。酪農や漁業が身近にあるからこそ、自分たちが普段口に入れるものがどうやってできているのかを学ぶことができる「食育」授業。森に子どもたちだけの秘密基地をつくってみたり、自然をまるごと遊び場にしてしまうことだってできます。「宇宙少年団」など宇宙のまちならではの取り組みも。子どもが子どもらしくおもいきり遊び学ぶことができるのが、大樹の子育ての魅力なのです。
 子どもたちはまちの宝であり、まちの未来です。子どもたちのふるさとをなくさないためにも、私たちはこの美しい自然と豊かな暮らしがある大樹町を守っていきたい。
 大樹町では、宇宙のまちづくり事業をはじめとして、魅力的なまちづくりを進めるための様々な活動が行われています。大樹町のふるさと納税は、それらの様々な活動に対してみなさまからサポートをいただくための制度です。あなたの想いが寄附という形になって、大樹のまちの未来を変えていきます。
 一緒にまちの未来をつくりませんか?
 みなさまのサポートをお待ちしております。

こどもはまちの宝
 まち全体が家族のように、こども達の成長を見守っています。食育活動も盛んです。
大自然が遊び場
海、山、川が全て揃った大樹町。大自然がまるごと、こども達の遊び場になります。
目指すは宇宙への出発駅
約30年前から「宇宙のまちづくり」を掲げ、航空宇宙産業の推進に取り組んでいます。

町長挨拶

大樹町へのご支援をよろしくお願いいたします!

写真
 この度は、大樹町のふるさと納税特設ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 大樹町は美しい日高山脈と広い太平洋に囲まれ、日本一の清流・歴舟川が流れる自然豊かなまちであり、宇宙のまちづくりに取り組むまちです。皆様からいただいたご厚意は、当町の未来のまちづくりに有効に活用させていただきますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願いいたします。
 機会がございましたら、ぜひ大樹町へお越しください。
 心よりお待ちしております。

大樹町長 酒森 正人

北海道大樹町の特産品をご紹介!

活動報告

皆様からの心あたたまるご寄附は、寄附目的にそった基金管理を行い、今後のまちづくりに活用させていただきます。

魅力あるまちづくりの
推進に関する事業

学童保育所・児童館 完成イメージ図

人づくりや住民活動の活性化、交流人口の拡大およびその他魅力あるまちづくりに取り組みます。
【主な事業】
・学童保育所・児童館の建設
学童保育所利用者の増加と核家族化・共働き世帯などへの子育て支援の充実を図るため、平成30年度に学童保育所・児童館を建設します。
・ほか、「寄附金の活用状況について」記載の事業 など

(画像提供:株式会社隈研吾建築都市設計事務所)

公共施設の
整備に関する事業

生涯学習センター

各種公共施設や道路整備など、まちづくり基盤の充実を図ります。
【主な事業】
・生涯学習センター設備の更新
・老朽化による大規模修繕や統廃合による公共施設の改築 など

航空宇宙産業基地の
誘致促進に関する事業

多目的航空公園

施設整備や実験誘致など、航空宇宙産業基地の形成を図ります。
【主な事業】
・多目的航空公園の整備 など

農林水産業の
振興に関する事業

町営光地園牧場放牧風景

安心で安全な食料生産や豊かな自然環境を育む農林水産業の振興町営光地園牧場の夏季放牧を図ります。
【主な事業】
・農林水産業に係る町単独事業の各施策
・町営牧場の整備 など

地域福祉の
増進に関する事業

特別養護老人ホーム「コスモス苑」

生きがい対策や子育て支援、福祉団体の育成、福祉施設の充実な特別養護老人ホーム「コスモス苑」ど、地域福祉の増進を図ります。
【主な事業】
・特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター設備の更新
・町単独事業として実施する各福祉施策 など

寄附の方法

インターネットから申し込みの方は

直接寄附を希望の方は

手続きの方法など資料を送付いたしますので、下記の問い合わせ先にご連絡お願いします。

<問い合わせ先>
大樹町役場 企画商工課 商工観光係
〒089-2195 北海道広尾郡大樹町東本通33番地 3F
TEL:01558-6-2114 FAX:01558-6-2495
E-mail: shoko_kanko-kakari@town.taiki.hokkaido.jp
TOPへ

TOPへ